2011年10月17日

10月17日の出来事

10月17日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

紀元前539年
新バビロニア帝国の滅亡
バビロンを都とし、中近東に大きな領土を手にした新バビロニア帝国。
紀元前597年、帝国のネブカドネザル2世は、ユダヤ人のユダ王国を攻撃し、エルサレム市街に入城。指導階層の住民約3000人を捕虜としてバビロンに連れ去りました。これをバビロン虜囚といいます。
大国となったバビロニアですが、実力者である初代ナボポラッサルと、2代ネブカドネザル2世以降の王は短命の王が続きました。
一方、小国の王だったキュロス2世は宗主国のメディア王国を滅ぼし、勢力を拡大。ついにはアケメネス朝ペルシャ王国を建設。新バビロニア帝国に攻め込みます。なんなくバビロンに入城し、新バビロニア帝国は滅亡しました。キュロス2世は、バビロンに移住させられていたユダヤ人やその他の諸民族を解放。そのためユダヤ人の間では、キュロス2世は救世主と崇められました。ただ虜囚から長い時を経ていたため、故郷に帰ったユダヤ人は一部だったと言われています。
なお、バビロンにあった空中庭園はこのとき破壊されました。


1877年
華族学校「学習院」開校
この年、華族学校学則が制定され、東京の神田に華族の教育機関として華族学校が開校しました。
その前身は、1847年3月に京都に開校した、公家の教育機関。学習院という名前は、1849年に孝明天皇が「学習院」の勅額を下賜したことで、公称となったものです。国学や儒学を教えていました。その後、一旦は閉鎖されますが、慶応4年3月12日(1868年4月4日)、出来たばかりの新政府によって再開され、大学寮代(大学寮は平安時代にあった公家の教育機関)と改められました。
しかし、直後の明治1年9月16日、国学・神道の皇学所と、漢学・儒学の漢学所の設立が決定すると、大学寮代は廃止されました。
さらに皇学所と漢学所は、明治2年9月に大学校設立のために廃止されます。しかし復興を求める意見が多く、同年12月、大学校代が興されました。しかし天皇が東京に移り、公家も移動すると、明治3年8月、一旦廃止されて、京都府中学校となりました。
1877年に、華族学校が設立されると、1888年、明治天皇から改めて『学習院』の勅額が下賜されて、宮内省管轄の官立学校「学習院」となりました。第二次世界大戦後に華族制度が廃止され、私立学校となりましたが、現在でも皇族が通うことのある大学となっています。


1967年
ラストエンペラー死去
清朝最後の皇帝(宣統帝)であり、満洲帝国の皇帝(康徳帝)でもあった愛新覚羅溥儀が北京で亡くなりました。
1908年にわずか2歳10ヶ月で第12代清朝皇帝となりますが、1911年の辛亥革命で退位。『大清皇帝』の尊号を持ち、紫禁城と頤和園はそのままでした。張勲らによって復位の動きもありますが失敗。その後も紫禁城にいましたが、1924年北京政変で追放されると、各国大使館も受け入れず、天津の日本租界に移りました。日本との関係は、関東大震災の際に溥儀が義援金として所有財宝を贈ったことがきっかけで、日本政府関係者が身柄を受け入れたのです。その後、満洲に進出を企てた日本軍は、租界にいた溥儀の利用価値に気づき、彼を密かに脱出させて満洲国の執政に付け、のち皇帝にしました。
事実上の傀儡皇帝でしたが、終戦で溥儀は日本へ向けて脱出を図るも直前でソ連軍の捕虜となります。極東軍事裁判にも出廷しますが、彼の証言は信憑性が薄いとして取り上げられませんでした。1950年、身柄は中華人民共和国に移され、撫順戦犯管理所に収容されました。1959年12月4日、劉少奇国家主席の特赦令で釈放。北京植物園の庭師となりました。中国人民政治協商会議全国委員にも選出されます。しかし文化大革命が起こると紅衛兵の標的にされ、入院中の病院は非難を受けたため、病院関係者は巻き込まれるのを恐れて治療もせず放置。しかし、彼に同情的だった周恩来の指示で治療を受けることになりました。しかし末期ガンだったため。まもなく死去。最初から最後までまさに激動の人生を終えました。


1973年
第1次オイルショック
10月6日、エジプトのイスラエル攻撃から始まった第4次中東戦争。これを受けて、アラブ石油輸出国機構(OAPEC)の緊急閣僚会議が開かれ、原油生産削減、供給制限が決定しました。しかもイスラエルを支援する国に対して、イスラエルの撤退まで、石油の輸出禁止を表明します。12月23日、ペルシャ湾岸の6カ国が石油の値段を引き上げるに及んで、各国にオイルショックが起こります。はじめて石油に依存している社会の脆さが露呈しました。
日本は戦争には直接は関係ありませんでしたが、物価は高騰。人々はトイレットペーパーの買い占めに殺到。大きな騒動となりました。節約が訴えられ、ガソリンスタンドは日曜に閉店するようになります。高度成長時代は終焉を迎え、整備新幹線や本州四国連絡橋の建設も大幅に遅れることになりました。


以上の項目は、総合年表サイトhttp://www.sogonenpyo.jpn.org/)の年表に追加していきます。
posted by あお at 00:02| Comment(0) | 10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。