2011年10月19日

10月19日の出来事

10月19日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

紀元前202年
ザマの戦い
古代地中海を挟んで対立し続けたローマとカルタゴ。この両者が衝突した第二次ポエニ戦争は、一時、カルタゴ軍が南ヨーロッパを占領するなど優位に進めていました。しかし、大スキピオ率いるローマ軍が、イベリア半島のカルタゴ軍を破り、北アフリカに上陸すると、状況は逆転。ローマ軍は、カルタゴと同盟していたヌミディア王国を打ち破り王を捕虜にします。スキピオは有利な情勢をたてに和平条件を提示していったんは締結しかけますが、ハンニバルが帰還するとカルタゴは強硬姿勢に転じ、両者はヌミディア王国の戦力を確保するために進軍しました。ザマの町で対峙した両軍は、スキピオとハンニバルが直接交渉を行うも決裂。カルタゴ軍は戦象を突入させますが失敗。ローマ騎兵を誘い出して歩兵戦に持ち込むも、傭兵や新兵の多いカルタゴ軍は不利になり、予定していた古参の兵による敵中央突破も、誘い出していたローマ騎兵が戻ってきて包囲下に落ち大敗を喫しました。これによりカルタゴはローマに和平を申し出て、第二次ポエニ戦争は終結します。カルタゴの地中海における勢力は大きく衰退することになりました。


1902年
早稲田大学開校
名門私立大学のひとつ、早稲田大学は、1882年10月21日に大隈重信、小野梓、高田早苗らが設立開校した東京専門学校を前身としています。キャンパスは東京の早稲田に置かれました。創立に尽力したのは大隈の同志の政治家であった小野梓で、高田早苗は学校の職制や校旗などを考案。学校運営にあたり、講師としても参加しました(のち初代学長)。
政治経済学科、法律学科、理学科、英学科が設置されました。入学生は80名。1886年には校外生制度を創り、早稲田講義録を発行しました。1890年に文学科も設置されます。
1902年9月、翌年に発令される専門学校令の特例措置で大学を称することが認められ、早稲田大学と改称。
大学部と専門部に分けられました。大学部には政治経済学科、法学科、文学科が設置されました。これをうけて、10月19日、創立20周年記念式典と大学開校式が行われました。伊藤博文が式典で挨拶をしています。
なお、大学令による大学となったのは1920年の10校指定の時です。


1956年
日ソ共同宣言
1945年8月8日、ソビエトは秘密裏に予定していた対日宣戦のため、日ソ中立条約を破棄しました。
終戦後、日ソ両国関係は断絶したままでした。大戦末期ソ連に情勢改善を期待していたのに「裏切られた」上、シベリア抑留問題、中ソ友好同盟による対日批判、朝鮮戦争、漁業権問題などで、日本側の対ソ感情も悪く、関係は改善しませんでした。これは事実上日本を占領したアメリカと、ソ連との冷戦が高まったことも背景にありました。親米路線を打ち出した吉田茂政権は、中共が呼ばれなかったことに反発したソ連を除いたサンフランシスコ講和条約を締結します。
一方で両国の間では関係改善を模索する動きもあり、それはスターリンの死と吉田茂の退陣で加速します。鳩山一郎が首相となると、交渉を開始します。日本側は国連復帰に安保常任理事国のソ連の容認が欠かせなかったことと、北方領土の返還、抑留者の帰還、漁業権の解決などが課題になっていた為です。一方のソ連も共産圏の拡大のためには、日本との関係改善は良い宣伝材料でした。貿易の旨みもあります。しかし北方領土が問題になり交渉は進みません。一旦決裂したあと、この年10月12日、鳩山首相は自らソ連へ赴き、直接交渉。北方領土は棚上げし、「平和条約締結後に歯舞・色丹を日本側に権限を移す」という条件で、ブルガーニン首相と共同宣言に調印しました。両国関係は活発化していきますが、北方領土問題は尾を引く事になります。また、西側諸国では日本の外交的失敗、という見方が一般的でした。


1987年
ブラックマンデー
ブラックマンデー、すなわち「暗黒の月曜日」は、アメリカの財政赤字と貿易赤字という背景の中、先物取引と金融商品市場の拡大、そしてそれを生み出したコンピュータによる金融工学とソフトウェアの設定が引き起こした、株の自動連鎖売によるニューヨーク株式市場の大暴落です。22.6%という史上空前の下げ幅は、1929年の株価大暴落(ブラック・サースデー)を上回る暴落だったためにこう呼ばれました。要するにできるだけ損失を抑えるために、市場の数値が下がり始めたら、売りに出すプログラミングが反応して、コンピュータが勝手に売り、それが止まらなくなったわけです。まさに実体経済から金融経済時代へシフトしたはじめてのクライシスでした。皮肉にも、日本はこの影響をあまり受けず、むしろ欧米と比較して自画自賛するような主張が当然のように語られ、このあとにバブル経済は絶頂に達します。
バブルはのちに「停滞の20年」という深刻な事態を生むことになります。


以上の項目は、総合年表サイトhttp://www.sogonenpyo.jpn.org/)の年表に追加していきます。
posted by あお at 00:07| Comment(0) | 10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。