2011年10月28日

10月28日の出来事

10月28日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

1707年
宝永大地震(宝永4亥年10月4日)
現時点では日本史上二番目に巨大な地震です。一番目は言うまでもなく2011年3月11日の東日本大震災。
震源域は紀伊半島沖から、四国沖、日向灘にかけてと考えられ、いわゆる東海地震と南海地震が連続した起こったもの。マグニチュードは8.4ないし8.7。東海道から九州東岸にかけての太平洋岸で大きな揺れを観測し、江戸でも揺れを観測しています。大谷崩と呼ばれる安倍川上流の大規模な山体崩壊を起こしたほか、5〜30mくらいの巨大な津波が発生したとみられます。土佐の被害が最大で、高知城下は海と化し、土佐藩主は参勤交代を免除されました。大坂でも死者は7000人ともいわれ、また浜名湖は湖でしたが海岸が切れて海とつながりました。死者は推定で2万人。
なお、この地震から49日後に、富士山が大噴火を起こしたため、地震との関連も指摘されています。


1886年
ニューヨークの自由の女神像の除幕式が行われる
アメリカ、ニューヨークの入り口、リバティ島にある巨大な銅像が「自由の女神」像。正式名称は「Liberty Enlightening the World」(世界を照らす自由)。高さ46.05m、台座の麓からの高さは93mもあります。中を上がることができて、王冠のところにある展望台まで行くことができます。右手はトーチ、左手には独立記念日の1774年7月4日とローマ数字で記した銘板を持っています。トーチは灯台のために作られましたが、結局灯台としては使われませんでした。アメリカ建国100周年に。フランスから贈られたもの。フランスで一旦組み立てられた後、分解されてアメリカに運ばれ、建造されました。政治家エドゥアール・ド・ラブライエが寄贈を呼びかけ、フレデリク・バルトルディが設計したものです。「フランスの自由」を象徴した女性「マリアンヌ」をイメージし、ウジェーヌ・ドラクロワの絵『民衆を導く自由の女神』、そしてバルトルディの母親がモデルとされています。
自由の女神は、アメリカ合衆国、そしてニューヨークの象徴でもあります。
『ゴッドファーザー』では移民の、『タイタニック』ではニューヨーク港到着の象徴として、『逃走迷路』では自由の女神像から落ちて行くシーンが、『猿の惑星』ではラストに登場し「ここは地球だったのか!」という衝撃的なオチとなり、『クローバーフィールド』では怪獣によって頭部がもぎ取られてマンハッタンに落下、『ディープインパクト』では隕石衝突の津波で水中を流れ、『インデペンデンス・デイ』では宇宙船からの爆撃で倒れた女神像が登場するなど、数多くの映画にも象徴的・あるいは悲惨な扱いで描かれています。


1970年
沢田教一、カンボジアで死亡
ピューリッツァー賞受賞を受賞した戦場カメラマン沢田教一。
彼は大学受験に失敗したため、青森の著名な写真家、小島一郎の経営する写真店で働くようになります。彼はロバート・キャパの写真集『Images of War』を見て衝撃を受け、キャパを尊敬するようになります。写真の技術を覚えた彼は、上京して職を探し、UPI通信社にカメラマンの職を得られます。1965年、南ベトナムのサイゴンにあったUPI支局に赴任します。時は、ベトナム戦争が悪化していく中。彼も戦場の取材を行いました。9月6日、ベトナム中部、ビンディン省クイニョン近郊で、戦闘から逃れるために必死で河を渡るベトナム人母子を撮影。『安全への逃避』(FREE TO SAFETY)と題されたこの写真は世界で話題になり、翌年ピューリッツァー賞を受賞しました。彼は一旦、香港支局へ移りますが、1970年、再びサイゴンへ。ベトナム戦争末期、周辺のラオスやカンボジアにも波及し、カンボジアではアメリカの介入でロン・ノル首相によるクーデターが起こり、大混乱に陥っていました。沢田は、プノンペンへ取材に行った際に、何者かに銃撃され死亡。34歳。彼が最後に撮影していたカメラは何者かに奪われ行方不明になりました。


1972年
中華人民共和国から日本に贈られたパンダ「カンカン」と「ランラン」が上野動物園に到着
中国が重要な外交場面でしばしば行うのが、パンダ外交。中国でわずかしかいない動物、ジャイアントパンダを交渉相手国に贈り、関係改善を図ろうとするものです。元々はプレゼントされていましたが、希少動物ということでワシントン条約に引っかかるため、現在は高額レンタルされています。当然、生まれた子パンダは中国のもので、もし死亡したら賠償金も取られます。日本に最初に来たパンダは、「カンカン(康康)」と「ランラン(蘭蘭)」。これはレンタルではなくプレゼントでした。見た目可愛い上に、当時はあまり知られておらず、非常に珍しい動物だったことから、上野動物園はパンダを見たいお客さんで大変なことになりました。ランランは1979年9月4日に、カンカンは1980年6月30日に死亡しました。飼育のノウハウが少なく、繁殖も困難で、日本では和歌山のアドベンチャーワールド以外ではほとんど失敗に終わっています。
パンダ人気をネタに田中角栄が政治家の応援演説で冗談めかして言った「自分は人寄せパンダ」という言葉が「客寄せパンダ」の語源になったと言われています。


以上の項目は、総合年表サイトの年表に追加していきます。
posted by あお at 01:03| Comment(0) | 10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。