2011年10月31日

10月31日の出来事

10月31日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

1892年
『シャーロック・ホームズの冒険』刊行
アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズの最初の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』が刊行。「ストランド・マガジン」誌に掲載していた12編の短編を掲載しています。もともと2本の長編があったホームズシリーズですが、実際にはこの短編でブレイクしました。ちょっと変わっているが鋭い観察眼と知識を持つ探偵ホームズと、その友人であり相棒でもある平凡な感覚の持ち主(すなわち読者と共有する視点)のワトスンのコンビが活躍する推理小説。多くの作品は、ワトスンが記録としてまとめた体裁になっています。この名探偵と平凡な助手という形式の探偵小説は、エドガー・アラン・ポーの代表作「オーギュスト・デュパン」シリーズの影響を受けており、それをより一般化したものと言えます。作者のドイルは、ワトスンと同様の医者であり、その合間に執筆活動もしていました。歴史小説やSF、冒険小説も書いた作家ですが、本人が書くのを好んだそれらのジャンルにくらべ、世間ではるかに人気のあったホームズシリーズの執筆は苦痛だったそうで、ホームズをあまり好んでいなかったと言われています。


1986年
汐留貨物駅が廃止
現在、「汐留シオサイト」と呼ばれ、超高層オフィスビル街となっている東京の汐留。日本テレビや電通、全日空、野村総研、ソフトバンクなどの本社機能、劇団四季の劇場などがある、そうそうたるビジネス街、観光地になっている場所ですが、ここは、かつて貨物駅でした。貨物駅が廃止されて、その跡地がオフィス街に再開発されたわけです。
もともとは日本で最初に営業線として設立された鉄道、新橋−横浜間の新橋駅があった場所です(初代駅舎を模した建物が現在復元されています)。1914年、東京駅が開業すると、始発駅としての機能は東京駅に移り、新橋駅は汐留駅と名を改め、貨物専用駅へ移行しました。それにともない、山手線専用駅だった烏森駅が新橋駅と改称し、これが現在の新橋駅にあたります。関東大震災で施設が壊滅したことから、新たに貨物駅として作りなおされ、戦後は貨物輸送の中心拠点となりますが、輸送量増加で追いつけなくなり、1973年、湾岸に東京貨物ターミナルが作られると、そちらへシフトしました。使われなくなった汐留駅は再開発の対象となり、発掘調査が行われ、江戸時代の仙台藩の上屋敷跡が発見されて話題になります。ここは江戸時代はじめに埋め立てられ、潮を止める場所として、汐留と呼ばれ、貯木のため木材商人が集まり、都市として発達。武家屋敷も作られていったのです。そこを鉄道用地としたわけで、まさに都市そのものを繰り返し再開発してきた場所と言えます。


1989年
三菱地所のロックフェラー・センター買収
バブル全盛期の1989年、三菱地所がニューヨークのロックフェラー・センターを買収しました。ロックフェラー・センターというと、マンハッタンらしい四角くて窓だらけの摩天楼、アールデコ様式のGEビルディングのファサードが有名ですが、実は48番街と51番街にまたがる22エーカー(89,000平方m)一帯に建つ19のビルを指します。三菱地所はこのうち14のビルを買収しました。買収額は2200億円。高いか安いかは、個々の価値観で違いますが、日本企業がアメリカを代表する大富豪ロックフェラーが建設させたオフィス街を買収したことは、大きな話題となると同時に、ニューヨーカーの反感を買いました。もっとも、バブルの金余りで買ったこの事業は、結果的に大きな損失を生む結果となります。不動産不況で価値が激減し、不動産運営会社は破産。三菱地所は12のビルを売却する結果となりました。不動産会社による買収劇にはそれなりに理由もあったのでしょうが、今振り返ってみれば、それだけの資金をもっと技術などの将来に残るものへ投資するような事業に持っていけてれば、その後は違う道を歩めたかも知れません。


1992年
ガリレオの破門が解かれる
イタリアの物理学者、天文学者のガリレオ・ガリレイ。実証科学を行った初期の科学者で、重さの異なる球体を転がして速度が変わらないことを確かめたり(※1)、望遠鏡で木星の衛星を発見しています。彼は天体の動きや海の満ち干きから、地球が太陽の周りを回る「地動説」を信じていました(※2)。この地動説を信じたことが、異端であるとして教皇庁の検邪聖省で審問を受けることになりました。地球が宇宙の中心であるとする「天動説」が主流の時代、地動説は異端扱いされていたからです。当初は無罪判決を受けたガリレオでしたが、彼が天動説と地動説を対比する解説書『天文対話』を出したことから再び異端審問を受けました。ガリレオは最初の裁判で無罪だったことを示しますが、何故か有罪となった記録が登場し、彼は有罪判決を受けました。ローマ教皇ウルバヌス8世はガリレオと親しかったのですが、擁護しませんでした。有罪を受けて「それでも地球は回る」といった話は、後世の創作と見られています。かれは無期懲役となり、有期刑に減刑されますが、事実上軟禁状態で生涯を終えました。
まもなく天文観測の発達で、地動説は天文学者の間で常識となりますが、ガリレオの名誉は回復されませんでした。
ガリレオの死から350年。1992年になり、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は、ガリレオ・ガリレイに対する裁判の誤りを認め、破門を解きました。しかしその後も、ベネディクト16世が枢機卿時代にガリレオ裁判を正しいと主張したことが問題になるなど、ローマ教会にはガリレオに対する批判的な部分が残っているようです。
※1ピサの斜塔から投下した、という話になってますが、実際には斜めにしたレールの上を転がしたと言われています。
※2海の満ち干きは太陽と月が地球へ及ぼす重力の影響で、地動説の証拠とはなりません。


以上の項目は、総合年表サイトhttp://www.sogonenpyo.jpn.org/)の年表に追加していきます。
posted by あお at 00:13| Comment(0) | 10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。