2012年02月29日

2月29日の出来事

2月29日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

1212年
法然死去(建暦2年1月25日)
浄土宗の開祖、法然は、美作国久米の押領使・漆間時国の子。9歳のとき、父が、明石源内武者貞明に殺害されるが、父の遺言で仇討ちを断念し、母方の叔父の僧侶観覚のもとに引き取られます。観覚は、彼の才能を買って、比叡山での勉学を勧めます。比叡山では、源光に学び、さらに皇円の下で得度し、天台座主行玄を戒師として授戒を受けました。皇円のもとを辞し、比叡山黒谷別所で、叡空を師として修行。18歳で法然房という房号を、源光と叡空から一字ずつとって源空という諱も授かった。
承安5年(1175年)43歳の時、善導の『観無量寿経疏』(『観経疏』)によって回心を体験し、専修念仏の教えを説く浄土宗をひらきます。東山吉水に住んで教えを広め、親鸞らが学びました。
専修念仏とは、阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという教え。彼は国家仏教としてのあり方から離れ、一人一人を対象として教えを広め、女性にも布教しました。そのため、貴族から庶民まで広まっていきます。
養和元年(1181年)、焼失した東大寺の大勧進職に推挙されるほどになりますが、俊乗房重源を推挙し、自身は辞退しました。比叡山や興福寺と対立するようになり、さらに彼を信奉するものは、後鳥羽上皇の周囲にまで広がったことで、建永元年(1206年)、後鳥羽上皇の熊野詣の留守中に院の女房松虫と鈴虫が、法然門下の遵西・住蓮のひらいた東山鹿ヶ谷草庵の念仏法会に参加し、出家して尼僧となり、しかも遵西・住蓮を御所に招いて泊めるという事件が起こり、女房たちは遵西・住蓮と密通したという噂が流れたため、上皇は怒り、門弟4人を死罪に処し、法然、親鸞らを流罪に処しました。
土佐配流となるところ、九条兼実の庇護によって讃岐に変更され、まもなく赦免されるも、京に入ることは許されず、建暦元年(1211年)11月、ようやく許されたもののまもなく亡くなりました。


1896年
日本銀行本店が竣工
日本銀行は、日本の中央銀行。紙幣を発行する発券銀行。また通貨量の調整を行ない、為替操作のために市場介入を行います。国家機関のように思われますが、実は政府から独立した法人。公的資本と民間資本の両方によって成り立っています。日本銀行の原点は、三井銀行。そのおおもとである三井組は、維新政府の為替方を引き受け、金穀出納所御用達となります。為替会社を設立し、政府の意向を受けて銀行を創立します。紙幣の発行まで行なっていた三井組に対し、政府の方針が変わり、第一国立銀行が設立されます。それは発券銀行としての中央銀行というシステムを検討することになったため。三井も初の私立銀行となりますが、1881年、大蔵卿の松方正義は紙幣整理を断行し、政府紙幣を廃止して、三井の為替方も全廃し、兌換銀行券を発行する中央銀行、日本銀行が設立されました。
1896年2月、より利便性のある場所に、ということで、旧金座のあった日本橋本石町にあらたな本店が竣工しました。
設計したのは日本近代建築家の祖、辰野金吾で、ベルギー国立銀行を参考にして設計し、濃尾地震の教訓から耐震技術を施し、上部を軽量にし、壁や天井は煉瓦にして、その組み方も強固になるよう設計。その上壁に石貼りを施して強化しました。地下に分厚い壁に囲まれた金庫室が作られ、これは2004年まで使われていたそうです。
辰野金吾は日銀の京都支店や大阪支店、小樽支店なども設計しています。


1976年
日本初の実用衛星「うめ」打ち上げ
「うめ」は電離層を観測する衛星で、その目的は、電離層の状態を調べ、短波通信を効率良く行なうためでした。
国際磁気圏観測計画にも参加しています。
そもそも、1966年10月に行う予定だった郵政省電波研究所の電離層観測衛星計画からはじまり、NASDAが発足すると、そのまま計画が引き継がれます。ロケットはN−I。大型の液体燃料ロケット開発を急ぐため、国産をやめ、アメリカのデルタロケットを元にして開発されたもので、1975年9月9日に技術試験衛星きく1号が打ち上げられました。電離層観測衛星もN−Iで打ち上げることになり、1976年2月29日にN−Iロケット2号機で種子島宇宙センターから打ち上げられました。しかし、4月2日、前日からの全日照状態によってバッテリの温度が許容値を超えて故障。本格的運用を行う前に運用を終了する結果となりました。
しかし、テスト中の観測データは解析されて、世界で初めて電離層臨界周波数の地球周回分布を明らかにしています。


2000年
400年に一度の日、そして2000年問題
グレゴリオ暦で西暦2000年。コンピュータの故障が起きるのではないか、と懸念されたのが、2000年問題。略してY2K問題ともいいます。
コンピュータは初期にはメモリが小さく、余分なものは削りに削って使うよう、プログラムが開発されました。それを発達させたものが、1990年代にも使われていていて、それでは西暦すら下二桁だけで処理するほどでした。しかし2000年になったら、当然下二桁は00年となり、1900年に戻って処理されるため、誤作動を起こすのではないか、というわけです。
もうひとつ、グレゴリオ暦の特性で、閏日を追加する閏年は、4年で割り切れる年で、100で割り切れる年は入れないが、400で割り切れる年は閏年とするというややこしい設定のため、この設定をしていないと日付がずれて誤作動すると考えられていました。
さらにこれが「問題」となったのは、プログラムの開発された時代には想像されなかった、社会のあらゆるシステムがコンピュータ化されていたということ。その影響が大きかったわけです。そのため、対策が追いつかないだろう、という意見もありました。
そして、2000年の1月1日の最初の日に続いて、もっとも警戒された日が、まさに400年に一度の日である2月29日。
ほかにもいくつかの日が警戒されました。しかし、実際には、大きなトラブルは殆どありませんでした。一部、郵便貯金のATMが停止する、交通機関の改札や、アメダスの誤作動、古いビデオデッキやワープロで一部メモリに問題が起こるといったことが生じましたが、社会的混乱はなかったわけです。
実のところ、この問題は事前から想定されており、プログラムの改正や、フェールセーフ機能の対策が採られていました。また核ミサイルが勝手に発射されるなどといった、どちらかといえば危機感を煽り立てて興奮する評論家の説も飛び交い、そもそもの「問題」が大げさだったり、リアリティがなかったりしていたわけです。
また、大きな問題が起こらずに終わったあとになって、「なんでもなかったじゃないか、騒ぎすぎだ」などと声高に言う人も出ました。多くの専門家の対応が、問題を回避したということも評価すべきだと思われます。


以上の項目は、総合年表サイトhttp://www.sogonenpyo.jpn.org/)の年表に追加していきます。
posted by あお at 00:09| Comment(0) | 2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。