2012年05月07日

5月7日の出来事

5月7日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

1888年
博士の日
1888年5月7日、植物学者の伊藤圭介、数学者の菊池大麓、物理学者の山川健次郎ら25人に日本初の博士号が授与されました。
博士は、読み方は「はくし」、学位の最高位で、普通は大学院の博士課程を修了して学位審査に合格するか、学外で論文審査に合格した場合に授与されます。
1887年(明治20年)に制定された学位令により定められたのは、法学博士、医学博士、工学博士、文学博士、理学博士の5学位でした。
なお、戦後になって大学が増え、研究目的ではなく、大学が通過点のようになってからは学士は当たり前になりましたが、学位設置当初は博士・修士どころか、学士だって非常に珍しく、価値のあるものでした。
なお、学位令設置時には、博士の上に大博士というのがありましたが、1898年に授与例のないまま廃止されています。


1915年
ルシタニア号事件
ルシタニア(RMS Lusitania)は、イギリス船籍、キュナード・ライン所有のオーシャン・ライナー。進水は1906年6月7日。ルシタニアと姉妹船のモーリタニアは、ブルーリボン賞を巡る客船のスピード競争でイギリスとドイツの間が争っていた時に政府の支援で建造されました。
1907年9月7日にリヴァプールからニューヨークに向けて処女航海をし、9月13日に到着。ブルーリボン賞を受賞しています。
ちなみにキュナードのライバル、ホワイト・スター・ライン社はオリンピック級客船(オリンピック、タイタニック、ブリタニック)を建造しました。オリンピック級に比べ防水隔壁が整備され、救命ボートも十分な数を積んでいました。
第一次世界大戦時、その巨体が標的にされやすいことから、仮装巡洋艦ではなく、輸送船・病院船の候補になりますが、英米航路の豪華客船として運航され続けました。
1915年2月18日、ドイツ帝国は「無制限潜水艦作戦」を開始。
4月22日、ドイツ大使館は、新聞に戦争中であるため、イギリスとその同盟国の大型船は攻撃対象になります、という警告文を、ルシタニアの広告の横に掲載しました。
しかし、1915年5月1日、ルシタニアはニューヨーク港54番埠頭から出港。1257人の乗客と702人の乗組員の1959人を乗せていた。
ドイツのUボート「U−20」は、5月5日、6日に、ファストネット岩礁付近で3隻の船舶を撃沈。ルシタニアにも情報が伝わりますが、U−20は燃料が減ったため、任務を終えて帰還する途中、ルシタニアを発見。残る3本のうち2本の魚雷を発射。
1本が右舷ブリッジ直下に命中。直後に謎の大爆発を起こし、右舷に傾斜。このため、救命ボートの大半が使えなくなりました(48隻中6隻のみ)。
ルシタニアは南部アイルランド沖8マイルで沈没し、わずか18分で水深100mの海底に垂直に着底し、船尾はしばらく水面上に出ていました。1198名の乗客が死亡しました。その中には、139名のアメリカ人のうち、128名が含まれていました。
アメリカの世論は沸騰。イギリスはこれを利用して中立のアメリカを参戦させようとしますが、これは簡単にはいきませんでした。のちアメリカは参戦しますが、その遠因の一つとなったとも言われています。
船の周りの海底は、不発の爆雷が多数あると言われ、イギリス海軍が、ルシタニアに何か都合の悪いものを積載していたため、隠蔽するためにわざと沈没点で演習を行い、ルシタニアを破壊した、という説があります。


1946年
東京通信工業(現ソニー)が設立される
1946年(昭和21年)に井深大、盛田昭夫らが東京都中央区日本橋の白木屋 (現COREDO日本橋)3階に東京通信工業株式会社を設立しました。資本金19万円。社員は20人ちょっとの小さな会社でした。社長には文部大臣だった前田多門(次女勢喜子が井深の妻)、技術担当専務に井深大、営業担当常務に盛田昭夫という体制をとった。
技術者の井深大は、写真化学研究所(PCL)社員時代に「走るネオン」を制作してパリ万国博覧会で金賞を獲得した人物で、日本光音工業株式会社に移籍。日本測定器株式会社を設立。軍需用電子機器の開発を行い、熱線誘導兵器を研究している時、戦時科学技術研究会で盛田昭夫と出会いました。盛田は第八高等学校(現・名古屋大学)、大阪帝国大学理学部物理学科を経て、海軍で研究にあたり、技術中尉時代に井深大と知り合いました。
井深が技術開発に当たり、同じ技術者でありながら盛田が営業マンとして製品を売り込みました。また盛田が資金調達に当たり、実家の醸造会社、盛田株式会社から資金を得ていたこともありました。
初めは真空式電子電圧計などを製作していましたが、その後、トランジスタラジオ、トリニトロン、ウォークマン、AIBOなどを発表しました。
独自の製品を開発することでソニーのブランドは高まり、まさに世界のソニーとなりました。しかし、創業者二人がなくなった後、ハワード・ストリンガー体制になってからは、採算よりもアイデアを生かした製品開発は減り、予算を抑えられた一方で他社の製品を導入するなど、ソニーのブランドも弱まり、円高と国際競争の激しい中、現在のソニーは経営的にも厳しい状態にあります。


2000年
ウラジーミル・プーチンがロシア大統領に就任
プーチンはKGB出身で、ソ連崩壊後に大統領となったボリス・エリツィンのもとで頭角を現し、1999年8月9日に第一副首相に任命され(同日セルゲイ・ステパーシンが首相を解任されたためそのまま首相代行)、12月31日のエリツィンの大統領辞任により大統領代行を務めたのち、2000年ロシア大統領選挙に勝利して正式に大統領に就任しました。演出の多い人物で、就任の式典も、あるいは「活躍する大統領」の演出として、爆撃機に乗ったり、オートバイを運転したり、柔道をしてみせたりと、わざとらしい演出が見られました。それでも国内総生産(GDP)を6倍にまで増大させ、失業率を大幅に下げ、流通を安定させ、市民の生活を改善させたことから、2004年の大統領選挙では再選を果たし、2008年5月7日まで大統領を務めています。この間、複数の財閥トップを罪に落として競争相手をなくし、メディアを支配して、独裁的なところが批判を受けたり、イスラム勢力と敵対して、度重なる爆弾テロに見舞われました。
後任の大統領であるドミトリー・メドヴェージェフの指名され連邦議会下院で承認されて、5月8日に首相に就任。2012年3月4日に実施された大統領選挙で約63%の得票率で当選。再びメドヴェージェフと交代し、5月7日、第4代大統領に就任。選挙前から大統領返り咲きを宣言するなど、大きな批判を受け、予想以上に支持を受けませんでしたが、対抗馬が弱すぎたために勝てた、という事情がありました。しかし一部では、強いロシアを復活した人物として、熱烈に支持されています。


以上の項目は、総合年表サイトhttp://www.sogonenpyo.jpn.org/)の年表に追加していきます。
posted by あお at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。