2011年12月31日

12月31日の出来事

12月31日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

1225年
ベトナム陳朝の始まり(天彰有道2年12月1日)
ベトナムにはもともと南越国というのがありましたが、中国に滅ぼされ、以降は事実上安南都護府の支配下にありました。939年、五代十国の混乱を受けて、呉権によって呉王朝が誕生します。これが最初に中国から独立した王朝と言われています。しかし事実上の宗主国は中国南部の王朝、南漢でした。呉王朝は短命に終わり、群雄割拠の十二使君の乱を経て、966年に丁部領が大瞿越国を興し、丁王朝が始まります。独自の都を築き、元号を制定するなどした最初の王朝でした。しかしこれも短命に終わり、980年、丁朝の有力者だった黎桓が国権を掌握して前黎朝を樹立しました。一旦は現在のベトナム全土を抑えますが、これも暴政を敷き、1009年にあっけなく滅びます。前黎朝を倒した李公蘊によって李朝が誕生。大越国となります。李朝は中国風の文化・体制を敷き、王は中国の冊封を受け、仏教を興隆させ、長期に渡る政権を樹立した最初の王朝でした。この7代皇帝高宗と、8代恵宗は暗愚な人物で、重税を敷き、国民の反感を招きます。圧政、政治の腐敗、天災によって人々は疲弊。各地で反乱が起こっていました。その内乱を鎮圧したのが陳嗣慶、陳守度ら陳氏。陳守度は恵宗に自分の娘を嫁がせ、外戚の地位に付きました。彼は権力を一手にすると恵宗を廃位に追い込みます(のち自殺させ、他の李氏も次々と殺害)。そして恵宗の次女の仏金(李昭皇)を皇帝に擁立しました。彼女がベトナムの歴史で唯一の女帝です。陳守度は彼女を甥の太宗と結婚させ、1225年、強制的に太宗へ禅譲させて、李朝は滅亡、陳王朝が誕生しました。外戚から帝位を奪ったためか、陳朝の皇族は代々、異例の「いとこ婚」を繰り返しています。
この皇位簒奪によって陳朝は歴史的に否定的に批判されますが、度重なるモンゴル侵攻にかろうじて耐えられたのも陳朝でした。


1703年
元禄大地震(元禄16年11月23日)
房総半島南端を震源とするマグニチュード8.1の巨大地震です。半島南端の先に浮かんでいた野島はこの地殻変動で隆起し、半島とつながって現在の野島岬となりました。
揺れは相模南部の相模湾沿いで非常に大きく、特に小田原城下は壊滅。小田原城天守も焼失しました。
江戸の揺れはさほどではありませんでしたが、それでも江戸城門や藩邸の建物が多数倒壊しています。
揺れのあと、相模湾と関東から東北南部にかけて、大きな津波が襲いました。熱海や鎌倉、九十九里浜などでは大きな被害を出し、堀や水路が多かった江戸も海水がさかのぼり、千川上水ともつながっていた駒込の六義園(柳沢吉保邸)に達し、塩害で庭園の松が全て枯れたそうです。
死者およそ2300人。
この地震災害を受けて、宝永に改元されますが、皮肉にもその宝永4年に、宝永大震災と富士の噴火というさらなる大災害が起こることになりました。
歴史的に見ても、記録が明らかなものでは、慶長年間、元禄・宝永年間、安政年間、昭和20年前後は、巨大地震が集中して連発した時代です。大きな地震のあとには続けて地震や噴火が起こる可能性が高いため、今後も注意が必要です。


1942年
ガダルカナル島からの撤退決定
太平洋戦争は、輸入に頼ってきた日本軍の南方資源獲得が主な目的でした。
マレーへの進出に始まり、蘭領インドシナの各地へと進出を果たし、フィリピンからアメリカ軍を追い出すことに成功します。
しかし、日本軍の作戦はそこまでで、それ以降の具体的な方針は曖昧なままでした。連合軍の反撃への警戒やさらなる資源の獲得といった追加の作戦が計画されました。資源と市場獲得を求める企業の要請もあったと言われています。
その中で、アメリカ軍とオーストラリア軍の分断を意図し、FS作戦をたて、フィジー諸島、サモア諸島ラインへ進出を図ります。オーストラリア北東、ニューギニアの東にあるソロモン諸島にも進出。ミッドウェー海戦で主力空母4隻を失ったこと、珊瑚海海戦で勝利したものの航空戦力の損害が大きく、ポートモレスビーの攻略にも失敗したことから、南方の制空権を確保するため、42年8月までにガダルカナル島に航空基地を建設しました。しかし、米軍の反撃時期を翌年と誤り、兵力増員を行いませんでした。実は米軍は日本のFS作戦とほぼ同時期に反撃作戦を開始。8月7日には奇襲攻撃で日本軍は混乱に陥ります。日本軍は兵力だけでなく、物資も乏しく、補給作戦を企図するも、輸送艦が次々と撃沈され、深刻な食糧不足に陥りました。速度が早く対潜兵装を備えた駆逐艦による鼠輸送と呼ばれる補給作戦を行い、軍中央はトラック諸島などにいた部隊を逐次投入。投入された部隊は、漸次攻撃に出ますが、武器・食料の携帯は乏しく、小規模の部隊の逐次攻撃では大きな戦果は無理というもの。ジャングル戦で兵士の病気も広がり、各部隊は大敗。南太平洋海戦では辛勝するも、航空兵力の損害が大きく、輸送体制は改善しないまま、現地の飢餓状態は悪化しました。同僚の遺体を食べるといった悲惨な状態の中、死者は2万に達します。3分の2は病死と餓死でした。現地からの悲痛な連絡、大規模な兵力と物資の投入を求める動きも、当初から反対だった東条英機らはこれを蹴り、駆逐艦による輸送では限界もあって、ついに御前会議でガダルカナル島からの撤退が決定しました。撤退とは言えないため、転進という言葉を使っています。退却困難な傷病兵の多くは味方によって殺害され、米軍も日本兵捕虜を殺害するなど、太平洋戦争中最も悲惨な戦いの一つとなりました。
翌年2月7日に撤退作戦を完了しましたが、残された人も多くいました。

1953年
紅白歌合戦が初の公開放送
年末の風物詩であるNHKの紅白歌合戦の原点は、終戦直後の1945年大晦日に行われた『紅白音楽試合』というラジオ音楽番組。剣道の紅白試合から命名され、歌合戦とするとGHQが反対したために歌試合となりました。大晦日22時20分から元日の0時まで放送されています。『汽車ポッポの歌』が『兵隊さんの汽車』から歌詞を変えて童謡になったきっかけの番組でした。
評判が良かったことから、1951年正月に「紅白歌合戦」と改めて放送されることになります。1953年の第3回では、テレビで実験放送されました。この1953年は、正月と、大晦日にも第4回が放送されることになりました。
どうしてそうなったかというと、人気が出てきて規模が大きくなったことから、大きな会場で収録することにしたものの、当時それが可能だった日本劇場が、正月はすべて公演の予定が入っていて、大晦日しか空いてなかったため。
そこで、その年2回目となる大晦日放送になりましたが、これが以後も継続され、NHKホールが完成し、そちらに移ったあとも大晦日放送が継続しました。この1953年大晦日放送から、公開放送となります。
1963年12月31日には最高視聴率81.4%を記録。現在は40%を切る付近となり視聴率が落ちたとしばしば言われますが、それでも同日同時間帯の民放の特番に比べて圧倒的な視聴率を持っています(民放の番組がファミリー向けじゃないのもありますが)。
海外でも放送され、多くのアーチストにとって紅白は一種のステータスです。
なお、労働基準法による制限で、中学生以下は第1部に出演します。アイドルグループが前半に多いのはそのため。
引退や休業のため紅白をラストステージにする歌手もいます。また、生放送ならではのハプニングも数多く起こりました。
選曲をめぐってNHKと歌手側が対立し出場しなくなった人や、そもそもNHKなんて、と出場しなかったのが年齢を経て出場するようになった歌手もいます。そういったエピソードの数々も紅白の歴史を飾っていると言えます。


以上の項目は、総合年表サイトhttp://www.sogonenpyo.jpn.org/)の年表に追加していきます。
posted by あお at 00:39| Comment(0) | 12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

12月30日の出来事

12月30日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

643年
山背大兄王が滅ぼされる(皇極天皇2年11月11日)
彼は、聖徳太子(厩戸皇子)と刀自古郎女の子で、有力な皇族でした。
推古天皇が崩御した時、後継者を定めていなかったために、皇位を誰にするかで問題になります。
有力だったのは、推古天皇が死の直前に病床に呼んだという二人。すなわち用明天皇の孫で厩戸皇子の子である山背大兄王と、敏達天皇の孫で押坂彦人大兄皇子の子である田村皇子でした。それぞれを支持する動きがあり、権力を握っていた蘇我蝦夷は、田村皇子を選びました。山背大兄王が若すぎることを推古帝が言っていたため、後継に考えていたのは田村だろうと選んだとも考えられますが、山背大兄王は蘇我氏の縁戚であるのに対し、田村皇子は非蘇我系であり、有力豪族の多くは田村皇子を支持していたとも言われ、反蘇我氏勢力との対立を抑えるための措置とも考えられます。山背大兄王を支持した境部摩理勢(蘇我馬子の弟)は反発して抵抗、殺害されました。
その後、蝦夷と蘇我入鹿は、舒明天皇の次として、押坂彦人大兄皇子の娘を即位させました(皇極天皇)。絶対権力を握った入鹿や有力皇族らは、古人大兄皇子を擁立しようとします。蘇我馬子の娘の子であるため、擁立しやすかったわけです。邪魔な山背大兄王を排除することを決め、皇極天皇2年11月1日(643年12月20日)、巨勢徳多、土師猪手、大伴長徳らと100名の兵で斑鳩宮を襲撃。山背大兄王は家族と共に逃亡。しかし逃れられぬと悟った王は斑鳩寺に入り、一族もろとも自殺しました。蝦夷はこの事件を聞き、入鹿の所業に激怒したと言われます。
当時の皇位は必ずしもルールが定まっておらず、また、蘇我系でありながら、蘇我本宗家の支援を得られなかったため、山背大兄王と対立する皇族や豪族が多かったという説もあります。


1927年
日本初の地下鉄開業
東京地下鉄道・浅草駅〜上野駅間が開業。現在の東京地下鉄銀座線の一部にあたります。日本初の地下鉄で、アジア、オセアニアでも初でした。
国家事業ではなく、早川徳次によって建設されました。彼は満鉄や東武鉄道に関わったことから、鉄道輸送力の必要性を感じており、ロンドンで地下鉄を見て東京に地下鉄をつくる計画をたてます。しかし国家は全く理解を示さなかったため、産業界を回り支援を求めますが、かねてより知己のある後藤新平など一部の理解だけで、建設に取り組みました。当初は浅草から上野を経由して新橋までの予定でしたが、関東大震災の影響、資金不足、神田川の横断の難しさなどで新橋までの建設は遅れました(神田川側に万世橋駅という仮の駅があった)。資金を得るために上野広小路(松坂屋)、三越前(三越)、日本橋(高島屋・白木屋)、京橋(明治屋)、銀座(松屋)では各デパートが資金を出して駅を作りました。
その後、東京高速鉄道による新橋−渋谷間が建設。別の会社・別の路線でしたが、国の指導で帝都高速度交通営団に統合され、現在の銀座線となりました。このため、新橋駅には使われなくなった東京高速鉄道の駅が存在します。なお早川は新橋から品川方面へ延長するつもりだったとか。
銀座線は、線路幅が標準軌(1435mm。関東のJRや私鉄の軌間より広い)で、第三軌条集電方式(電線ではなくレールの他に給電用レールがある)を採用しており、他社路線との直通運転ができないため、独立した路線となっています(戦前に計画され1954年に部分開業した丸ノ内線も同様)。また銀座線は建設費を抑えるため、トンネルが小さく、車両も小型であり、ホームの有効長も短いために、輸送力も他の路線に比べてやや小規模です。
一番最初に作られた地下鉄であるが故に、試行錯誤の部分が大きく、現在のような大交通時代を予測出来なかったのは無理も無いでしょう。それでも2両や3両編成が主の当時としてはありえない6両編成を想定していました。
古い路線であるため、一部の駅では上下ホームの連絡通路がなく、渋谷川の谷間にある渋谷駅には3階に入線しており、その高架は建設当時のものが残っています。
新型の1000系電車は、一番最初の1000形電車を模したデザインやホーンとなっています。


1944年
日本海軍の潜水艦「伊号第四〇〇潜水艦」が竣工
潜水空母と呼ばれる日本海軍の大型潜水艦伊号第四○○(四百)級潜水艦で最初に建造されました。
長大な航続距離を誇り、攻撃機を複数搭載できる潜水艦、という発想で計画されたもので、アメリカの西海岸、パナマ運河などを攻撃できるようにするためだったと言われ、考案したのは山本五十六という説もあります。
当時としては極端なほど大きい潜水艦でした。全長は122m。大型潜水艦でも水中基準排水量が2500tから3500tくらいだったのに対し、本艦は6560tもありました。重巡洋艦クラスです。航続距離も地球一周半(37,500海里:1海里=約1853m)といわれ、世界のどこへでも出撃可能でした。
専用の攻撃機「晴嵐」を3機搭載。強力な四式一号一〇型カタパルトで発射しました。晴嵐は水上機なので正確には水上機母艦ですが、一般には潜水空母と呼ばれています(晴嵐はフロートを外して運用することができ、最大800kg爆弾も搭載できました。もちろんフロートを外した場合は帰還収容は不可能なのでパイロットだけ回収します)。晴嵐はピンを外すと主翼が回転して後ろにたたむことができ、格納筒に収めることが可能でした。
せっかくの艦でしたが、活躍の場はありませんでした。すで制海権を失い、晴嵐の工場も空襲で破壊され、細菌兵器計画は人道的にまずいと梅津美治郎が反対したため、晴嵐を使用した特攻機によるウルシー泊地攻撃に向かう途上で終戦。帰投中の8月29日に米軍に発見され降服しました。あまりにも巨大な潜水艦に米軍も驚いたといいます。
1946年6月4日、米軍によって各種実験を終えた同艦は海没処分にされました。
晴嵐2機を搭載できる四〇〇を一回り小型にした伊十三型潜水艦というのも2隻建造され、1隻が戦没しています。
なお、晴嵐は製作した愛知航空機に残されていたものが接収され、スミソニアン博物館にあります。


2001年
M−1グランプリ第1回決勝戦
島田紳助が、漫才でデビューし、ここまで上がってこれたことへの恩返しとして、さらに番組で共演した松本人志と、単純に面白いやつを決めるコンテストをしたい、というアイデアから生まれたのが、漫才日本一を決めるグランプリ、M−1でした。
主催は吉本興業、特別協賛がオートバックスセブン。朝日放送制作でテレビ朝日系列で放映。
結成10年目(11年未満)までのコンビ、グループを対象としています(出場時のコンビ名で10年目までなので、実質11年以上のコンビやグループも出場しています)。プロやアマチュアは関係ありません。
優勝者はオートバックスのCMに出演(※)出来るだけでなく、多くの番組の出演依頼が殺到するため、芸能界での登竜門的な大会となりました。1回目の優勝者は中川家、2回目はますだおかだと、ややベテランでしたが、以降は若手が上位に登場し、フットボールアワー、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、サンドウィッチマンなどがブレイクしました。優勝者だけでなく、上位に残ったコンビ・グループも名を知られるため、南海キャンディーズやオードリーがブレイクするきっかけとなっています。そのため、多くの若手が挑戦しました。
2010年の第10回で一応の終了となりました。最後の優勝者は第2回以降、毎回上位に残っていた笑い飯でした。
その後、島田紳助が暴力団との交際を理由に芸能界引退に追い込まれていますが、後継番組としてフジテレビ系列の「THE MANZAI」(80年代の漫才ブームを作った番組のリメイク)と、朝日放送の「KAMIWAZA〜神芸〜」があります。
※第9回優勝者のパンクブーブーだけは、すぐにCMが作られず、そのコンビ名からか、と言われました(オートバックスはカー用品店)。


以上の項目は、総合年表サイトhttp://www.sogonenpyo.jpn.org/)の年表に追加していきます。
posted by あお at 00:44| Comment(1) | 12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

12月29日の出来事

12月29日の出来事をいくつか抜粋して紹介します。

1845年
テキサス併合
アメリカ合衆国は、最初から50州で構成されていたわけではなく、徐々に領土を拡大して行きました。テキサス州も一時期は独立国でした。今のテキサス州よりずっと広い地域です。
アメリカ南部はフランスとスペインが進出していた地域でした。実質植民地化していたのはフランスでしたが撤退。のちにルイジアナをスペインに割譲し、テキサスの領有権も捨てました。しかし、スペインはメキシコには進出したものの、テキサスはインディアンの部族が住む以外は未開拓の地で、1800年には結局フランスへ戻ります。ナポレオンの時代に、ルイジアナ買収でアメリカ合衆国の支配下に入ります。これにスペインは反発。ちょうど1810年にはメキシコ独立戦争も勃発。
1819年2月22日、スペインとアメリカ合衆国はアダムズ=オニス条約で合意し、フロリダをアメリカ合衆国領とする替わりに、アメリカ合衆国はテキサスからカリフォルニアまでの領有権主張を取り下げます。アメリカは当時経済的に苦しい状態にあったのも理由ですが、市民の反発もまねきます。メキシコは1821年に独立。テキサスを併合し、コアウイラ・イ・テハス州の一部となります。オースチン一族の入植計画もあり、アメリカ人が次々とテキサスに入り、彼らはやがてメキシコからの独立を画策します。これは当初認められていた公有地の払い下げが認められなかったことや、スペイン語やカトリックへの強制改宗がありました。1827年にはアメリカ政府も100万ドルでの購入を打診しますがメキシコはこれを拒否。1835年にはテキサス住民が暴動を繰り返しメキシコと戦争状態に。
1836年3月2日ワシントン・オン・ザ・ブラゾスにてに独立を宣言。アラモの砦で攻防が繰り返されます。独立派で西部開拓の英雄として有名なデイヴィー・クロケットもこの戦いで敗れ処刑されました。4月21日にはサンジャシントの戦いでテキサス軍が勝利。5月14日、テキサス共和国政府とメキシコ総督サンタ・アナの間でベラスコ条約が締結されテキサス共和国は独立。これはテキサス側との戦闘で捕虜になったサンタ・アナの命を保証するためのものでした。そのため、メキシコとはその後も対立。産業の乏しい中、戦争が続くテキサス共和国は、膨大な借金を抱えて維持が困難だったこともあり、米国が肩代わりすることで、1845年2月28日、米国議会は、米国がテキサス共和国を併合する法案を可決。同年12月29日に併合された上、州に昇格しました。この際、借金のカタに、テキサス州のうち、現在のコロラド州、カンザス州、オクラホマ州、ニューメキシコ州、ワイオミング州にまたがる地域がアメリカ政府へ割譲されました。なお、このテキサス州併合に反発したメキシコとの間で米墨戦争が勃発。戦争でアメリカはカリフォルニア、ネバダ、ユタ、アリゾナ、コロラド、ワイオミング、ニューメキシコを手に入れ、メキシコに対価1500万ドルを払い、債務の帳消しを行いました。この後、テキサス州から石油が発見され、不毛の地は発展していきます。


1989年
バブル景気頂点に
この日、市場の大納会で、日経平均株価が算出開始以来の最高値を記録(ザラ場で38957.44円、終値で38915.87円)。
1985年、ドル安で為替レートを安定化させるために先進国で協調介入を決めます。これが決定した場所の名をとってプラザ合意といいます。アメリカの貿易赤字は基本的に対日赤字だったため、アメリカの貿易輸出を促進するため、円高ドル安へ変更させます。一気に円高が加速(240円から1年でほぼ120円まで上がった)する中、当然今度は日本が貿易輸出の不振など円高の悪影響を受けることになります。そこで政策金利を低く抑え、通貨の流通を促進させようとしました。銀行は金利が下がると利ざやが減るため、その分融資の規模を拡大します。融資の対象はメーカーだけでなく、不動産や金融商品へと移りました。融資が増加することで財務体質は良くなり、事業は拡大します。また、法人税や所得税が引き下げられたため、これに拍車をかけます。さらに、アメリカの貿易赤字解消のため、日本国内需要を高めようと、公共事業が積極的に行われ地価が上昇しました。これらの複合要因が、金余りと価格の上昇を加速させ、不動産バブルや、金融バブルを招きました。不動産購入も、資産拡大のための転売が目的で行われ、実質の価値を超えるようになります。
しかし、上昇は永遠には続きません。この直後の総量規制、信用収縮、金融引き締め政策が転換点となって、下落に転じます。株価は以後の9ヶ月でほぼ半値の19000円台にまで落ちることになります。


1993年
生物の多様性に関する条約が発効
生物の多様性、というのは、個々の生物だけではなく、生態系全体の多様な生物群集の生息状態を示します。生物はその生活環境で相互に関連しあって生存しているため、一部の環境保護団体がやっているような特定の生物だけを保護するのでは、実際には保護には成り得ません。環境全体を保護することが重要なわけです。
そこで、幾つかの環境保護団体の要請で、1987年から国連のもと各国間で話し合いを行った結果、1992年5月22日、ケニアのナイロビで開催された合意テキスト採択会議においてコンセンサス採択され、6月3日にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された国連環境開発会議(地球サミット)で調印式を行い、1年間の署名期間をおいて、1993年12月29日に発効しました。
この条約では、生態系、種、遺伝子を基準にして、生物多様性の保全、多様性の構成要素の持続可能な利用、遺伝資源の利益の公正かつ衡平な配分を定めます。ようするに特定の種の保護だけでなく、環境全体の保全を行うこと、そのためのモニタリングなどを条約加盟国に義務を負わせること、生物資源を利用することも認め、かつそれが持続可能なように環境の保護とのバランスを考え、またそれに伴う伝統的文化の保護の政策も行うこと、遺伝資源、すなわち遺伝子を持つ生物を製品の原材料とする価値として利用する場合に、製品を開発する開発国と、遺伝資源となる生物の産する資源国とで利益に不公平が生じないようにすることです。
168の国・地域・機関が署名しており、アンドラ、ブルネイ、バチカン、イラク、ソマリア、東ティモール、アメリカ合衆国が参加していません(アメリカは署名はしているが批准していない)。小国のバチカンやアンドラ、戦地のソマリアはともかくアメリカが参加するかしないかは大きな問題です。
なおこの条約発効を記念し、国際生物多様性の日と定められましたが、2000年に採択された5月22日に変更されました。


1996年
グアテマラ内戦終結
この内戦は、東西冷戦下の中で起こったものです。1950年、ハコボ・アルベンス・グスマン大佐がグアテマラ大統領に就任すると、前アレバロ政権から社会主義政策を受け継ぎさらに推進します(アレバロ政権の前にウビコ独裁政権時代が存在したため、この改革は「グアテマラの春」と呼ばれた)。地主層の解体や、先住民への権利拡大とともに、同国に大規模な農園を持つアメリカのユナイテッド・フルーツ社の土地を接収し、国有化します。これがアメリカを刺激。さらにチェコスロバキアからの武器輸入計画が判明し、アメリカ政府は中米・カリブ海での共産化に危機感をいだき、同政権と断交の上、CIAの工作によりPBサクセス作戦が実施されます。支援を受け、ホンジュラスに亡命していたグアテマラ人カスティージョ・アルマスの軍勢が侵攻、1954年6月27日、首都を制圧し、アルベンスは亡命。アルマス軍事独裁政権が樹立し、接収されたユナイテッド・フルーツ社などの土地の返還が行われます。同国は左派のアルベンス派と、右派のアルマス派で分裂。アルマス暗殺後、ミゲル・イディゴラス・フエンテスが跡を継ぎ、これに左派の将校が反乱。武装反乱軍を結成し、ゲリラ戦を展開。軍事政権に対しアメリカも軍事支援を行い、内戦は泥沼化して行きました。両派はそれぞれ敵対する側と思われる住民を虐殺し、あるいは誘拐事件を起こすなど、深刻な人権侵害が繰り返されました。このことはやがて国際問題化します。グアテマラ国民も、長く続く内戦に疲弊。和平の機運が高まり、1986年、民主的な総選挙が行われ、ビニシオ・セレソが大統領に就任。内戦終結へ向けて動き出します。国際監視団の中、1996年、グアテマラ政府とグアテマラ国民革命連合の間で和平合意が成立し、36年の内戦は終結しました。


以上の項目は、総合年表サイトhttp://www.sogonenpyo.jpn.org/)の年表に追加していきます。
posted by あお at 00:01| Comment(0) | 12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。